メイクで自然な二重まぶたを手に入れる

一重まぶた女子が一度は憧れる二重まぶた。

 
私自身も長年二重まぶたに憧れを抱き、毎日のように二重になった人を調べ、ありとあらゆる方法を取ってきました。

 
はじめは高校生の時にはじめたアイプチ。

 
しかし、分厚いまぶたの私は満足に二重にする事ができず、そこでさらなるアイテムとして、つけまつげを付け始めました。

 
つけまつげを付ける事により、まぶたが持ち上がって二重のひだが織り込まれるのです。

 
大人になりアイプチからアイテープに変更。

 
しかし、テープを貼った質感はどう頑張っても消すことができず断念。

 
次に手を出したのがメザイク。

 
最近までメザイクをしてきましたが、夏場、皮脂がでて夜になるとはがれてきて目立つ…それに左右均等にする事が難しい。

 
さらに途中で切れてイライラしたり、うまくできなくて会社に行きたくなかったり…と問題が山積みに(笑)

 
そして現在のまぶた事情は、つけまつげ+ローヤルアイムプチの組み合わせで落ち着いています。

 
つけまつげはただつければ良いというわけではなく、研究を重ね、二重になるよう自分でカスタムして付けています。

 
軸が太めで硬く、毛がかなり少なめ・短めのものを土台にし、その上に軸が柔らかく、毛も自然なタイプのものをつける事でナチュラルに仕上がります。

 
これだけで奥二重のようになりますが、油断すると一重に戻ってしまうのでローヤルアイムをプラス。

 
ローヤルアイムは貼り付けないタイプの二重メイクアイテムなので、テカリを抑え、無理のない幅にすれば自然に見えます。シャドーは逆に目立つ為付けてません。

 
どうしても付けたい場合は、ローヤルアイムの前に付けるのをオススメします。

 
私自身、アイプチでまぶたを貼り付けた方が居ると少し気になってしまいます。

 
他人から見た時ってこんな感じなんだって気が気じゃなくなるのです。

 
そんなこともあり、兎にも角にも私はバレてもいいから二重になればいいのではなく、あくまでも自然に、バレないようにしたいのです。

 
だって、アラサーだから…!さらに言えば、一重の為にさく時間を、ストレスを軽減させたいのです。

 
一重なりに欲張りなのです。

 
だけど整形はしたくない…

 
せめて…せめて奥二重でもいいから、あの線が欲しい…!

 
これからも、私の二重まぶたへのあくなき探求は続きます。

一重まぶた、パッチリした目になる方法

今日は「一重まぶた」についてのお話です。

今日インターネットでQ&Aサイトを見ていたら、こんな質問を見かけました。

「私は一重まぶたで悩んでいます。

パッチリした二重まぶたになりたいです。

どうしたらよいか、教えて下さい」

みなさんは、一重まぶたを二重まぶたにする方法、わかりますか?

おそらく「美容整形」「アイプチ」「メザイク」このいずれかを思いつくでしょう。

でも、私は別の方法を知っています。

…まぁ、正確に言うと「一重まぶたのままだけど、パッチリした目になる方法」ですけど。
それは「主食を変える」です。

日頃の食生活で、主食を変えるだけ。

あとは本当に何も必要なし。

方法を具体的に説明すると「主食をお米以外に変える」これだけです。

良いとされているものが何種類かあります。

小麦や麦類、とうもろこし、お芋、大豆などです。

そんなあっけない方法で、深刻な顔の問題が解決するか!?

いや、本当に、だいぶ顔立ちが変わりますから。

と言うのも、実は私自身が「一重まぶたで小さな目のパッとしない顔立ち」から
「まぶたは一重だけどパッチリした大きな目」に変わったんです。
私の場合は、一人暮らしがきっかけで食生活が変わりました。

毎日ご飯を炊くのが面倒なので、シリアルに変えたまでです。

…そうしたら、いつしか顔立ちが変わっていました。

この方法の良いところは、自然で無理がないことです。

しかも費用もかかりません。

どなたにもオススメできます。

アイプチの種類と使い方について

アイプチの種類と使い方について

はぁ…なんで私の瞼はこんなに腫れぼったく、重く目つきが悪いのでしょうか。

鏡でまじまじと見るたびにため息しかでません。

雑誌で見るモデルさんや女優さんはみんな目元がぱっちり。

たとえ目が小さくとも奥二重だったりして
完全な一重の方なんてなかなかいません。

どんなに高くて綺麗なアイシャドウを使って
目を閉じた状態でグラデーションを使っても、目を開ければただの1色塗り。

アイラインを引いても全然見えないし、本当に1cmぐらい引かないと目を開けた時に
アイラインが見えないんです。

ホットビューラーでまつ毛をあげて、カールマスカラで塗ったとしても!

瞼にマスカラが着いてしまうし、目つきは悪いと言われるし…、

もう一重で良かったことって本当に無くて、ずっと悩みの種でした。

父も母もくっきり二重なのに、「なぜ私にその遺伝子くれなかったのよー!!」と
中学の頃に母に問い詰めたのは良い想い出です。

でも一重なものはもうしょうがないですし、整形をするしか
すぐには綺麗な二重にならないし、整形で失敗をした時を考えると怖く…
いまでも偽二重で過ごしています。

まずはアイプチを使った二重の作り方を紹介したいと思います。

ひとえにアイプチと言っても大まかに分けると
・瞼と瞼をくっつける「のりタイプ」
・透明なフィルム上になり瞼をくっつけない「フィルムタイプ」
・両方の使い方ができる「ラテックスタイプ」
3種類があります。商品の裏の説明を読んで頂ければ大体わかるかと思います。
それぞれの使い方のポイントですが

■「のりタイプ」

のりタイプは完全にくっつけるので、瞼が厚い人でも二重になりますが
二重は奥二重のような感じになりますね。

私も昔は良く使っていましたが、最初に目のむくみをとってマッサージをして
柔らかくなったところにプッシャーで何度か二重線をきちんと作って
アイプチを二重線の少し下に2mmぐらいの幅で薄く塗り、
ドライヤーで半渇き(白いのりが少し透明になってきたぐらい)の状態にして
瞼の真ん中あたりにプッシャーをあて一発でぐっと押し込み、押し込んだ状態で
またドライヤーで風をあて完全に乾かします。

乾いたところでプッシャーを目尻に流しながら抜くと、線も綺麗にできる気がします。

最初の乾かしが足りないと、全然くっつかずに汚くなってしまいます。

また、メイクは二重を作ったあとにするのがおススメです。

■「フィルムタイプ」

フィルムタイプは瞼をくっつけずに、薄い膜のようにつくり
その膜によって二重にするタイプです。

このタイプは瞼が薄くないと、なかなか二重になりません(笑)

ですが透明になって皺にもなりにくいのと、瞼を閉じても引きつらないので
バレにくいのがポイントです。

塗り方のポイントは、まつげの付け根から希望の二重線(幅をとりすぎると失敗します)まで
思い切って塗ることです。

そこ全部二重部分ですけど?ぐらいに塗ってしまった方が
境目が出ないのでばれにくいです。

中途半端に少しだけとかの方が二重にもなりにくく違和感が出てしまいます。

■「ラテックスタイプ」

このタイプは裏側によく「そのまま接着としても、乾かして使っても!」など書いてあるタイプです。

液が透明のものが多いかなと思います。

このタイプの便利なのは粘着力も強くありながら、薄く塗れるので
幅をとった、くっきり二重を作りやすいことです。

年齢をともに瞼が少しすっきりしてきた、現在はこちらをよく使ってます。

二重線を作ってその二重線の少し下に2、3mm程度薄く塗り
これも少し乾かしてからプッシャーで押し込んで二重にすると
のりタイプが奥二重になってしまうのに比べ
目を開けた時に二重部分がきちんと見える二重ができあがります。

基本的には上記3つがアイプチの種類になります。

ここで番外編を紹介します。

■最近人気なのが「二重美容液」

これは癖付け専用の二重美容液になります。

有名な所で言えば二重記念美という商品になるのですが
寝る前に付けそのまま朝まで眠ると自然と癖が付いて
自然な二重になるという商品です。
詳しい二重記念美の使い方が掲載されているサイトを紹介しておきます。

あと、全部に共通して言えることは、二重になりたくても「幅をとりすぎないこと」。

アイプチは幅をとりすぎると絶対に上手くいきません!
アイプチは一番手軽にできる方法だと思いますので
まずは色々試してみて自分に合ったタイプを見つかると良いですね♪

毎日メザイクで二重まぶたにしています

私は生まれつきの一重です。20代後半になった今も外出するときには二重を作る為に日々頑張っております。

中学生からずっとノリで二重にするタイプのアイプチを使ってきましたが、今はメザイクを使っています。

最初は慣れるまで、なかなかうまくできず、練習はかなりしました。なにせ不器用ですからね。

今はかなり上達して自然な二重ができるようになりました。

普通に生活する分には簡単には取れませんが、よりしっかりと二重をキープしたいので、必ずメザイクの両脇は液体タイプのアイプチをつけています。

つけるのとつけないのでは密着感が違います。

液体タイプだけ使っていたときは、少しすると取れてきて外出先でも直さなければいけなくて大変でしたが、メザイクだと食い込ませるタイプなので、深めの二重をキープできるので、かなり良いです。

一重まぶたでも綺麗で可愛い人もたくさん居ますが、自分はメイクしても華が無いなぁ~パッとしないなぁ~と悩んでいました。

でも今はメザイクで二重まぶたにして、盛りすぎない控えめな付けまつげをつけると、自分じゃないみたいにだいぶ変わります。

清楚なお姉さんに簡単に変身できちゃいます。

メイクを落とすと、いつもの地味な自分に戻るので、いつかはメザイクは卒業してプチ整形したいなーとは思っています。

小学生時代からもう8年以上アイプチをしています

私は現在大学生です。

生まれた時から生粋の一重で親からアイプチを教えてもらうほどでした。

ちなみにどのくらい重症な一重かというと、少し前から様々な二重術が出回っていますが
リキッドのウォータープルーフでなければダメなくらいに重症です。

何度かメザイクや通販などで売っているものも試しましたが
うまくもいかず金銭面でも難しかったので今はずっと市販のパッケージもボトルもブルーのアイプチを使用しています。

(私くらい重症な一重の方にはおすすめです。1つ1200円くらいです。)

目は大きくしたいけど不自然なのは困る、ということで私が最近見つけた技を紹介します。

まず朝にしっかり顔を洗います。これはアイプチの液が肌がつるつるしているほうがノリがいいからです。

そしてまず1回目のアイプチです。(合計3回します。)

目から近い場所に塗ってから近めの場所でプッシュします。

次に2回目です。2回目はさっきより少し幅の広い場所に塗ってプッシュします。

最後に3回目はなぞるようにしてプッシュはせずにまつげを持ち上げるようにひっつけます。

3回目はなじませるためです。

こうすると不自然さは軽減されつつもナチュラルな二重幅をつくれるということを最近考えつきました。